top of page

クリーンランゲージ|Clean Language


wikipekiaより-デイビッド・グローブ

写真はwikipediaより クリーンランゲージ開発者 デイビッド・グローブ


クリーンランゲージは、ニュージーランド生まれの心理療法家、デイビッド・グローブによって開発されました。



クリーンランゲージは、クリーンな質問と、三部からなる独自の構文(シンタックス)からなる質問セットもしくは言語モデルです。



シンボリック・モデリングで使用する質問はクリーンランゲージの質問です。

クリーンランゲージが開発された当初は、心理分野での使用のために開発されましたが、現在は、さまざまな用途で使用されています。



<特徴>

  • コーチやセラピスト(質問者)の価値観や思い込み、前提などを質問に含まない。

  • 質問で導入するメタファーは、時間や空間のメタファーなど普遍的なメタファーのみ。

  • 情報中心

  • クライアントの言葉をそのまま使用する。

  • 要約、再定義しない。

  • 再構築(リフレーミング)もしない。

クリーンランゲージの哲学と原則はこちら

 

<シンボリック・モデリングにおけるクリーンランゲージ>


シンボリック・モデリングの構成要素
シンボリック・モデリングの構成要素

クリーンランゲージは、シンボリック・モデリングを構成する主な4つの要素のうちの1つです。同時に、最も影響が大きい一つです。


これには、シンボリック・モデリングの成立過程が関係します。 シンボリック・モデリングはそもそも、クリーンランゲージを開発したデイビッド・グローブがしていたことを誰でも使えるように、教えられるようにと、ジェームズ・ローリー&ペニー・トンプキンス夫妻がデイビッドをモデリングし、クリーンランゲージを一般化していく作業の中で生まれました。そのため、クリーンランゲージやデイビッド・グローブの1980年台〜1990年台後半の発想に、特に大きな影響を受けています。


シンボリック・モデリングの中で使用するクリーンランゲージの質問についてはこちら。

 

クリーンランゲージが、厳密にはどこからどこまでを指している定義なのか、デイビッド・グローブが文書化したものが残っていないため、厳密な定義はありません。どこまでを「クリーンランゲージ」の定義に含めるのかという範囲の話になると、諸説あります。「クリーンな質問」と「三部構文」については、概ね一致した見解になっているようです。ここで紹介する定義は、シンボリック・モデリングを使用するにあたっての理解です。あらかじめご了承くださいませ。




最新記事

すべて表示

なぜ、『クリーン』な言語?|翻訳|

クリーンランゲージは、デイビッド・グローヴのメタファー療法(と私たちのシンボリック・モデリング)の心臓部です。クリーンランゲージの中心では、80%の割合で、9つのシンプルな質問が使用されています。(これらの質問については、いろいろな国の言語に翻訳されています)。...

Comments


bottom of page