top of page

モデリング|modelling

*モデリングの定義には様々なものがあり、技法によって定義が違います

シンボリック・モデリングを構成する主な要素のうちの1つです。


モデリングという言葉は、使用されている分野によって定義や意味が微妙に異なります。また、モデリングする対象も異なります。


シンボリック・モデリングでいうところのモデリングは・・・




この時作る「説明書」のことを「モデル」と言います。



ファシリテーターは、相手の世界や考え方の構造や仕組みを表す「メタファー・ランドスケープ」をモデリングして、次にする質問を考えます。


シンボリック・モデリングは、セルフ・モデリングをサポートする技法です。

セルフ・モデリングは、その人が、自分で、自分自身をモデリングすることです。


クライアントは、自分自身の世界や考え方の仕組みや構造を、自分で観察し、情報を集め、仕組みを把握し、自分の説明書を作ります。


ファシリテーターの仕事は、そこに、できるだけ自分自身の影響を与えないようにしながら、クライアントをモデリングし、質問することです。


<モデリングする目的>


モデリングされている対象にできるだけ影響を与えずに「何が」「どのように」機能しているかを見極め、明らかにすることです。

  • モデリングする人のことをモデラーといいます。

  • シンボリック・モデリングのプロセスでは、ファシリテーター、クライアントの両者がモデリングをします。

  • クライアントは、自分自身の世界をモデリングします。→ セルフ・モデリング

  • ファシリテーターは、クライアントの言葉や表現するものを通して、クライアントの世界をモデリングします。


<モデリングが役立つ理由>

  • モデリングを通して構築されたモデルは、モデリングした本人やまたはそこに関わる他者が意思決定したり、行動したりするのに役立てることができます。

  • 感覚としては、洗濯機の取り扱い説明書がある方が、どこのボタンを押せば水が出るのかなどがわかり、洗濯機が扱いやすいのと同じような感じかもしれません。

  • 自分がどのような時に、どのようなことに反応し、その反応が何を起こしていくか、自分がその反応をするための条件は何か、などを知ることで、変化が必要なものがあれば、自分で気づくことができます。シンボリック・モデリングでは、自分自身で自分をモデリングしていきます。

 

参考文献:Metaphors in Mind, James Lawley&Penny Tomkins, p.22




Comments


bottom of page