top of page

クリーンって何?クリーンは何のよう?|翻訳|


私は今年のクリーンカンファレンスで、ナンシー・ドイルとセッションを進行しました。そこで私たちが尋ねたのは「クリーンって何?クリーンはどこから来たの?クリーンは何のよう?なぜなら・・・・。そして、クリーンは・・・のようではない、なぜなら・・・」でした。

参加者は、それぞれ個人で作業をして、それから小さなグループに分かれてそれらの答えについて発表しました。以下、答えです。



クリーンって何?


  • ピュア。・・それは誰かを冒険させて、自分では見ることが難しいものを人に見せる。

  • 哲学・・・知恵の体系へを信頼すること・・・告げるのではなく尋ねる。

  • 何が見えていないかを探すこと・・・言葉と言葉の間の空間を聞くこと・・・、新しい情報のための空間を作ること。

  • 批判なき好奇心知恵の仕組みを信頼すること。

  • ファシリテーター/間隔/クライアントクリーンはファシリテータが与える影響を小さくする・・質問は、押し付けないやり方で尋ねられる・・・クライアント中心で、個人でそれぞれの旅を探求する。

  • ファシリテータの思い込みを最小に保って、誰かとワークする方法。だから、他人は彼ら自身の内的世界についてもっと発見することができる。

  • 個人が思考し、それぞれの人が選んだように感じる権利を尊重すると同時に、個々の選択を促進する道具。

  • ポストモダン、体系的、また構造的思考に適応する実践的な技法のセット情報を引き出すために言葉を利用する体系的な方法で、その人の世界観を押し付けることなく変化を促進する。

  • 人の内的世界の探検。


クリーンはどこから来たの?

  • 体系の中における本来のエネルギーの利用・・・力ではなく。

  • マオリ族の伝統/陸軍原理の救済

  • 好奇心

  • 巨人の肩の上(西洋のメタファー:先人の積み重ねた発見に基づいて何かを発見すること)学ぶために学ぶこと

  • NLPモデリング

  • 人間の振る舞いを勉強すること

  • 表現の自由の要求T-1スペースシャトルの発射

  • モーラ達(モーラ:1音節の長さを表す単位)


  • 無から繋がり

  • デイビッド・グローヴ。それから彼のメタファーと、メタファーが含む情報へいかにアクセスするかについての興味。

  • デイビッド・グローヴ。それから臨床的な方法としてクリーンを開発したその他の人たち。

  • クリーンはいつもそこにあった。

  • デイビッドは、残りの私たちがそれを見ることができるようにクリーンを見分けた。

  • デイビッドから生まれ、他の人がクリーンは便利だと気付き魅了された。

  • 伝達者達から。

  • その個人にとってその瞬間、最もよくワークすることを観察する私たちの指導者から。

  • カイ・デービス。

  • 技法開発時の開発者(特にMr.グローブの)の創造性から。基本原則は過去100年の科学と文化から生み出された。



クリーンは・・・のよう。なぜなら〜。


  • クリーンはまるでカフェ・・どうしてかというと、ファシリテーターはあらかじめ決まったアウトカムは持たなくて、質問だけを持ってて、そして、情報は会話から生まれるから。

  • クリーンはまるで宇宙の秘法・・・なぜなら、それは個人に宇宙を感じさせるから。クリーンはまるで太陽・・・それは、熱を放射するから。

  • クリーンはまるで特別なドリルみたい・・・なぜって、核にたどり着くから。

  • クリーンはコルクの栓抜きみたい・・・その後、ワインが美味しく飲めるから。

  • クリーンはホメオパシーのよう・・・もしあなたが自分のシステムにパターンを認知させれば、自分でそれを正すことができるから。

  • クリーンは芸術療法・・・なぜなら人に由来することだから。

  • クリーンは訓練・・・ファシリテータはクライアントの言葉にぴったりくっついて離れないから。

  • クリーンはホメオパシーとかリフレクソロジー、ハーブみたいにホリスティックな健康実践法のよう。

  • クリーンは積極的支援・・・なぜなら、ファシリテーターは、注意を払われてこなかった情報の一部に働きかけるから。

  • クリーンは小川のよう・・・進み続けるから。

  • クリーンは喜びの伴う道案内のよう。そして旅人は、一切の電子機器なし、その人が持つすべての人的リソースを持って、何が起きるか前もってはわからない冒険のよう。

  • クリーンは金を探す冒険のよう。それが始まる場所についてたった一つの手がかりだけを持ってする冒険。

  • クリーンは独特の道案内とする自分発見の旅のよう。

  • クリーンは誰かに鉄道運賃割引証明書(イギリスで使用されている)を与えるよう。彼らが選んだ旅が何であれ、そこに送り出すような。

  • クリーンは、Mr.ビーン(TV番組)のよう・・・マジカルな世界での冒険、それから商人が現れて、Mr.ビーンはそこから何か記憶して普通の生活に帰る。


クリーンは・・・のようではない。なぜなら〜。


  • クリーンは人がアドバイスされるメンターのような場所ではない。

  • クリーンは助言を与えたりあなたの考えをシェアするようではない。なぜなら、クリーンは空間を与えるから。

  • クリーンは誰か他人の言うアドバイスを与えるようなことではない。むしろ、尋ねて聞くこと。

  • クリーンは、テクニックやストラクチャーのようではない。・・それは瞬間、瞬間、生まれて創造される。

  • クリーンは、他者にとって何が一番いいかを知ることのようではない。

  • クリーンは、正しいことを行うみたいなことではない。

  • クリーンは規則のようなことではない。正しい質問はない。

  • クリーンは結びの言葉のようではない。

  • クリーンはまるで暗闇のようではない。

  • クリーンは私たちが知っている人生のようではない。・・・なぜなら、人生は抑制と束縛だから。

  • クリーンはいじめっ子のようではない。・・・空間を生み出し、そして、人に何かをさせないから。

  • クリーンは独裁制のようではない。・・・なぜなら自由を認めるから。

  • クリーンは科学のようではない。・・・なぜなら、前もったアウトカムが存在しないから。

  • クリーンはカウンセリングのようではない。・・・人々を彼らのトラウマに戻さないから。

  • クリーンは、人々をあらかじめ決まったカテゴリーに分類する心理テストのようではない。

  • クリーンはそれぞれの個人に自分自身を定義させる。

  • クリーンは、ファシリテーション・グラフィックのようではない。なぜなら・・・ファシリテーション・グラフィックでは、ファシリテーターがクライアントのメタファーを描くけれど、クリーンランゲージでは、クライアントが彼ら自身のメタファーを描く。

  • クリーンは、他のアプローチのようではない。なぜなら、クリーンは前向きな思考、 人々に過去をくどくど尋ねない。



 

原題: What is Clean...and Clean Is Like What? 著者:マリアン・ウェイ 原文:Cleanlearningのブログ(2008.6)より https://cleanlearning.co.uk/blog/discuss/what-is-clean...-and-clean-is-like-what

翻訳:Clean Language translation project

Comentarios


bottom of page