top of page

デイビッド・グローブ|David Grove


wikipekiaより-デイビッド・グローブ

写真はwikipediaより クリーンランゲージ開発者 デイビッド・グローブ


クリーンランゲージの開発者。 ニュージーランド生まれの心理療法家。1950年12月生まれー2008年1月死去。 心理療法家としての初期、デイビッド・グローブはNLPやエリクソン催眠、カール・ロジャースのパーソンセンターのアプローチ、チャールズ・ホイットフィールドのインナーチャイルド・ワークに影響を受けました。その後、彼はトラウマ記憶と恐怖症に興味を持ち、ベトナム戦争の帰還兵と関わるうちに、「私が強制しなければ、クライアントは、自分の経験を説明するのにメタファーをごく自然に使い始める」ことに気づきました。

セラピーにおける質問の使い方にも興味を持つようになった彼は、ヴァージニア・サティアやカール・ロジャーズのような主要なセラピストが使う質問を分析しました。彼は、著名なセラピストである彼らがしばしばクライアントの発言を要約したり、再定義したりしていることに気づきました。そして、それが、微妙に、クライアントの発言に影響を及ぼしていることに気がつきました。


デイヴィッドは、それを、「クライアントから経験の一部を奪うことになる」と考えました。そして、あらゆる前提を排除した質問を探し始めたのです。


やがて彼は、「クライアントの経験を妨げない質問」が、クライアントに変化をもたらすのに最も効果的であることを発見しました。そして、クライアントのメタファーを汚染も歪曲もしない方法で質問する手段として、クリーンランゲージが生み出されました。

その後、デイビッドは空間に興味を持ち、クリーン・ランゲージよりもさらにクリーンなプロセスであるクリーン・スペースと呼ばれる別のプロセスを開発しました。晩年は、セラピストがクライアントに与える影響を軽減するための研究を続け、エマージェント(創発)の研究に取り組んでいました。そして、エマージェント・ナレッジと呼ばれるプロセスを開発しました。


2008年1月、デイビッド・グローブは57歳の若さでこの世を去りました。






コメント


bottom of page